蕁麻疹

【意味】 蕁麻疹とは、急に皮膚がかゆくなって赤い発疹を生じる疾患。数分から数時間で跡を残さず消失する。うるしなどの植物、サバ、牛乳、卵などの食物、寒冷刺激などによって起こる。

【蕁麻疹の語源・由来】

蕁麻疹の「蕁麻(じんま)」は、イラクサの中国名。
イラクサ(蕁麻)は、葉や茎など草全体にトゲがあり、皮膚の痛みや腫れの原因となる「蟻酸(ぎさん)」が含まれている。
蕁麻疹は、イラクサ(蕁麻)のトゲに触れたかのような発疹を生ずることから、「蕁麻の発疹」で「蕁麻疹」と呼ばれるようになった。

【関連語】

赤(あか) 皹・皸(あかぎれ) 痣(あざ)
汗疹(あせも) アトピー 痘痕(あばた)
アレルギー 痛い(いたい) 疣(いぼ)
イラクサ・刺草・蕁麻 魚の目(うおのめ) ウシ・牛(うし)
膿(うみ) ウルシ・漆(うるし) 御出来(おでき)
痒い(かゆい) 皮・革(かわ) 傷(きず)
茎(くき) 草(くさ) ケガ・怪我(けが)
瘤(こぶ) サバ・鯖(さば) 寒い(さむい)
痔(じ・ぢ) 霜焼け(しもやけ) 皺・皴(しわ)
雀斑(そばかす) 胼胝・胝(たこ) 卵・玉子(たまご)
田虫(たむし) たん瘤(たんこぶ) 乳(ちち)
冷たい(つめたい) 刺・棘(とげ) ニキビ・面皰(にきび)
葉(は) 麻疹(はしか) 肌・膚(はだ)
腫れる・脹れる(はれる) 贅(ふすべ) 触れる(ふれる)
砲創・砲瘡(ほうそう) 黒子(ほくろ) 肉刺(まめ)
水虫(みずむし) ミルク 面疔(めんちょう)
蒙古斑(もうこはん) 物貰い(ものもらい) 火傷(やけど)
病(やまい)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス