尋常

【意味】 尋常とは、普通であること。当たり前。見苦しくないこと。しとやか。素直なこと。いさぎよいこと。立派なこと。

【尋常の語源・由来】

尋常の「尋」も「常」も長さの単位で、古代中国で「尋」は8尺(日本では6尺または5尺)、「常」はその2倍の16尺を表した。
8尺や16尺は並みの長さであることから、「普通の長さ」を意味し、「普通」や「当たり前」の意味に転じた。
日本では、普通が目立たず上品であるという意識から、見苦しくないこと、立派なさまもいうようになった。
時代劇などで「いざ、尋常に勝負しろ」などという「尋常」は、「素直」「潔い」といった意味で、これも「普通」の意味から転じたものである。

【関連語】

あたぼう 当たり前(あたりまえ) 在り来り(ありきたり)
有り触れた(ありふれた) 潔い(いさぎよい) 健気(けなげ)
ご多分に漏れず ざら 淑やか(しとやか)
尺(しゃく) 素直(すなお) 月並み(つきなみ)
常・恒(つね) 当然(とうぜん) 日常茶飯事(にちじょうさはんじ)
普段(ふだん) 平凡(へいぼん) ベタ
真面目(まじめ) マンネリ 見苦しい(みぐるしい)
最も・尤も(もっとも) 立派(りっぱ)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス