仁義

【意味】 仁義とは、やくざ・博打打ち・香具師などの間で行われる初対面の挨拶や、道徳・おきて。

【仁義の語源・由来】

仁義は本来、儒教道徳で最も重んじられる根本理念である。
「仁」は、広く他人やものを思いやり、いつくしみの気持ちをもつこと。
「義」は、行いが道徳・倫理にかなっていることを意味する。
やくざなどの挨拶の意味で用いられる「仁義」は、「挨拶をすること」「おじぎ」の意味の「辞宜・辞儀(じぎ)」から転じた言葉で、儒教の「仁義」とは無関係な言葉であったが、中世頃から「じぎ」が「じんぎ」に転じ、江戸時代中頃から「仁義」と混同され、現在のような用いられ方になった。
挨拶をすることは「仁義を切る」、仁義を守ることは「仁義立て」という。

【関連語】

挨拶(あいさつ) 慈しむ(いつくしむ) 掟(おきて)
お辞儀(おじぎ) 落とし前(おとしまえ) 思いやる(おもいやる)
親分(おやぶん) 義理(ぎり) けじめ
子分(こぶん) 筋(すじ) 契り(ちぎり)
任侠(にんきょう) 博打(ばくち) 道(みち)
モラル ヤクザ 香具師(やし)
律儀(りちぎ)

【関連リンク】

「仁義」を含むことわざ・慣用句・故事成語・四字熟語の一覧

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス