自画自賛

【意味】 自画自賛とは、自分のした行為や自分自身を褒めること。自画自讃。「自我自賛」と書くのは間違い。

【自画自賛の語源・由来】

自画自賛は、東洋画の詩歌・文章に由来する。
東洋画では、その絵画に関した詩文を記すこと、また詩文そのものを「画賛」「賛」と言い、普通は他人に書いてもらう。
自分で描いた絵に「賛」を書き入れることを「自画自賛」「自画賛」といい、自画自賛の絵画の中には、他人からも立派な作品と評価されているものがあり、現代のように悪い意味で使われていたとは限らなかった。
東洋画での「賛」に「褒める」の意味は含まれないが、「賛」の漢字自体には「褒める」の意味もあるため、「自慢」のような悪い意味で使われるようになったと考えられる。

【関連語】

アート 厚かましい(あつかましい) いけしゃあしゃあ
一唱三嘆(いっしょうさんたん) 井の中の蛙大海を知らず 自惚れ・己惚れ(うぬぼれ)
絵・画(え) おこがましい 書く・描く・画く(かく)
厚顔無恥(こうがんむち) 御託を並べる(ごたくをならべる) これ見よがし(これみよがし)
したり顔(したりがお) 自分(じぶん) 図々しい(ずうずうしい)
ステマ 図に乗る(ずにのる) 高飛車(たかびしゃ)
称える・讃える(たたえる) 手前味噌(てまえみそ) 天狗(てんぐ)
どや顔(どやがお) 能書き(のうがき) のたまう
鼻に掛ける(はなにかける) PR・ピーアール プライド
褒める・誉める(ほめる) 夜郎自大(やろうじだい) 立派(りっぱ)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス