地団駄を踏む

【意味】 地団駄を踏むとは、怒ったり悔しがったりして、激しく地面を踏むこと。地団太を踏む。

【地団駄を踏むの語源・由来】

地団駄は「地踏鞴(じだたら)」が変化した語。
「踏鞴(たたら)」は、足で踏んで金属の精錬・加工に必要な空気を送り込む大型の送風器のこと。
激しく地面を踏み鳴らすさまが、踏鞴を踏むしぐさに似ていることから「地踏鞴(じだたら)」と言うようになり、「地団駄(じだんだ)」に転じた。
「じんだらを踏む」「じんだらをこねる(地団駄を踏んで反抗する・駄々をこねる)」など、各地に「じんだら」という方言が点在するのも、「地踏鞴(じだたら)」が変化したことによる。

【関連語】

足・脚・肢(あし) 怒る(いかる) 憤る(いきどおる)
忌々しい(いまいましい) 恨む・怨む(うらむ) お冠(おかんむり)
怒る(おこる) 雁が飛べば石亀も地団駄 癇癪玉(かんしゃくだま)
癇に障る(かんにさわる) 冠を曲げる(かんむりをまげる) 悔しい・口惜しい(くやしい)
逆鱗に触れる(げきりんにふれる) 剣幕(けんまく) 業腹(ごうはら)
業を煮やす(ごうをにやす) ごまめの歯軋り(はぎりしり) 残念(ざんねん)
癪に障る(しゃくにさわる) 癪の種(しゃくのたね) 癪の虫(しゃくのむし)
切歯扼腕(せっしやくわん) 踏鞴・蹈鞴(たたら) 駄々をこねる(だだをこねる)
旋毛を曲げる(つむじをまげる) 鶏冠に来る(とさかにくる) 腹が立つ(はらがたつ)
踏む(ふむ) 臍を曲げる(へそをまげる) 臍をかむ(ほぞをかむ)
むかつく 向かっ腹(むかっぱら) 目くじらを立てる(めくじらをたてる)
八つ当たり(やつあたり) 柳眉倒豎(りゅうびとうじゅ)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス