自分

【意味】 自分とは、その人自身。私。

【自分の語源・由来】

自分の「分」は、本来備わっている性質を意味する「本分」の「分」で、自らの力量をさす語であったが、古くから「私自身」を意味する言葉としても用いられた。
最も古い「自分」の一人称の用法は、827年の「経国集(けいこくしゅう)」で、反射代名詞の用法は中世頃からである。
関西では、「私」を意味する一人称でも、「あなた」を意味する二人称でも「自分」が用いられる。

【関連語】

貴方・貴女(あなた) うち おいら
御宅(おたく) 己(おのれ) お前(おまえ)
おら 俺(おれ) 彼女(かのじょ)
彼(かれ) 貴様(きさま) 君(きみ)
自画自賛(じがじさん) 拙者(せっしゃ) 其方(そなた)
某(それがし) 手前(てまえ) 名前(なまえ)
汝(なんじ) 僕(ぼく) 麻呂・麿(まろ)
わい・わし・わて 私(わたくし・わたし) 我・吾(われ)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

自分(じぶん)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス