ぜんざい

【意味】 ぜんざいとは、関西ではつぶし餡で作ったお汁粉。関東では餅に濃い餡をかけたもの。善哉餅。

【ぜんざいの語源・由来】

善哉は元仏教語で、「すばらしい」を意味するサンスクリット語「sadhu」の漢訳。
仏典では、仏が弟子の言葉に賛成・賞賛の意を表すときに、「それで良い」「実に良い」といった意味で用いられる。
仏教語の「善哉」がお汁粉を意味するようになった由来は、これを食べた僧があまりの美味しさに「善哉」と賞賛したためとされるが未詳。
一説には、初めて食べた一休禅師が「善哉此汁」と言ったことからとも。
また、出雲大社の「神在祭」で振舞われた「神在餅(じんざいもち)」が、訛って「ぜんざい」になったという説もある。
出雲弁では「じんざい」が「ずんざい」のような発音で、他の地方の者には「ぜんざい」と聞こえるため、それが京都に伝わり賞賛の「善哉」と合わさったと考えられている。
神在餅が京都に伝わってぜんざいになったことは定かでないが、神在餅とぜんざいの作り方が似ていることから、十分に考えられる説である。
「ぜんざい」と「しるこ」の区別は近世後期に確立したもので、関東では餡に近く汁気が少なくいものを「ぜんざい」、汁気の多いものを「しるこ」と呼び、関西では汁気の少ないものは「亀山(かめやま)」、汁気があるもののうち、つぶし餡で作ったものを「ぜんざい」、漉し餡で作ったものを「しるこ」と呼ぶ。

【関連語】

赤出し(あかだし) 小豆(あずき) 集め汁(あつめじる)
羹(あつもの) 安倍川餅(あべかわもち) 飴(あめ)
餡(あん) あんころ餅(あんころもち) いちご煮(いちごに)
今川焼き(いまがわやき) 外郎(ういろう) 鶉餅(うずらもち)
お汁粉(おしるこ) 御萩(おはぎ) 御御御付け(おみおつけ)
鏡開き(かがみびらき) 鏡餅(かがみもち) 掻き餅(かきもち)
柏餅(かしわもち) カステラ ガスパッチョ
鹿の子餅(かのこもち) がん汁(がんじる) 巾着汁(きんちゃくじる)
クッパ クラムチャウダー けんちん汁(けんちんじる)
鯉濃(こいこく) 呉汁(ごじる) コンソメ
金平糖(こんぺいとう) 砂糖(さとう) サムゲタン
三平汁(さんぺいじる) シチュー じゃっぱ汁(じゃっぱじる)
汁(しる) 水団(すいとん) スープ
素晴らしい(すばらしい) 澄まし汁(すましじる) ずんだ餅(ずんだもち)
船場汁(せんばじる) せんべい汁(せんべいじる) 雑煮(ぞうに)
大福(だいふく) 出汁(だし) 団子(だんご)
チーズフォンデュ 粽(ちまき) 茶節(ちゃぶし)
心太(ところてん) トムヤムクン どら焼き(どらやき)
どんがら汁(どんがらじる) 根深汁(ねぶかじる) 能平汁・濃餅汁(のっぺいじる)
ヴィシソワーズ ビスク 引っ摘み汁(ひっつみじる)
ブイヤベース ポタージュ 牡丹餅(ぼたもち)
ポトフ ボルシチ 饅頭(まんじゅう)
ミネストローネ 餅(もち) モナカ・最中(もなか)
羊羹(ようかん) 落雁(らくがん) 蕨餅(わらびもち)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス