ゼンマイ

【意味】 ゼンマイとは、薄く細長い鋼を渦巻状に巻いた弾力性に富むばね。時計や玩具などの動力に使う。

【ゼンマイの語源・由来】

渦巻き状の巻いたその形状が、シダ類の植物「薇(ぜんまい)」の若葉に似ていることから名付けられた。
漢字の「発条・撥条」は「ばね」とも読むように、「発」「撥」は「はねる」を意味し、「条」は細長いものの意味で、弾力性のある線状の金属を表している。
ゼンマイ式の時計が作られたのは1450年頃のヨーロッパといわれ、日本へは1612年にスペイン領メキシコの総督「ドン・ルイス・デ・ベラスコ」から徳川家康へ、目覚まし付きのゼンマイ式置時計が贈られている。

【関連語】

渦(うず) オモチャ・玩具(おもちゃ) 絡繰り・機関(からくり)
クッション コイル ゴム
シダ・羊歯・歯朶(しだ) スプリング スポンジ
ゼンマイ・薇(ぜんまい) 力(ちから) 時計(とけい)
トランポリン 長い・永い(ながい) 人形(にんぎょう)
ネジ・螺子・捻子・捩子・螺旋 葉(は) 弾む(はずむ)
バネ・発条・撥条(ばね) 跳ねる・撥ねる(はねる) ブリキ
細い(ほそい) 巻く(まく)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス