ゼニガメ

【意味】 ゼニガメとは、イシガメの子、クサガメの子の呼称。

【ゼニガメの語源・由来】

ゼニガメは、甲羅が江戸時代の硬貨「銭」に似ていることから付いた名。
その銭は、寛永通宝一文銭といわれている。
また、ゼニガメの甲羅は楕円形をした形をしており、その形や大きさから天保通宝百文銭ともいわれる。
本来、ゼニガメはイシガメをの子を指していたが、イシガメが減少したため、現在ではクサガメの子を「ゼニガメ」指すことが多い。

【関連語】

赤ちゃん(あかちゃん) アカミミガメ・赤耳亀 イシガメ・石亀(いしがめ)
ウミガメ・海亀(うみがめ) オサガメ・長亀(おさがめ) カミツキガメ・噛み付き亀
カメ・亀(かめ) カワカメ・川亀(かわかめ) クサガメ・草亀・臭亀(くさがめ)
子(こ) スッポン・鼈(すっぽん) 銭(ぜに)
ゾウガメ・象亀(ぞうがめ) タイマイ・玳瑁(たいまい) ドウガメ・胴亀(どうがめ)
トチガメ・鼈亀(とちがめ) ドロガメ・泥亀(どろがめ) ドンガメ・団亀(どんがめ)
ハコガメ・箱亀(はこがめ) 雛(ひな) 雛(ひよこ)
ミドリガメ・緑亀(みどりがめ) 嬰児(みどりご) ワニガメ・鰐亀(わにがめ)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス