【意味】 銭とは、金・銀・銅など金属でつくられた貨幣。貨幣。金銭。お金。

【銭の語源・由来】

字音「せん」が変化し、「ぜに」と言うようになった。
日本で最初の銭は、683年頃につくられた「富本銭(ふほんせん)」であるが、富本銭が流通貨幣であったか定かではないことから、708年の「和同開珎(わどうかいちん・わどうかいほう)」が日本で最初に鋳造された流通貨幣とされている。
古くは、金貨・銀貨を銭に両替することを「銭を買う」と言い、小銭を額面の大きい貨幣に両替することを業とする者を「銭売り」「金あきんど」などと言った。

【関連語】

商い(あきない) 泡銭(あぶくぜに) ウォン
売る(うる) FX 円(えん)
御足・御銭(おあし) 買う(かう) 金(かね)
金に糸目をつけない 為替(かわせ) 切手(きって)
キャッシュ 金(きん) 銀(ぎん)
銀行(ぎんこう) クローネ 経済(けいざい)
元(げん) 現ナマ(げんなま) コイン
ゴールド 小切手(こぎって) 小銭(こぜに)
賽銭(さいせん) 財布(さいふ) シルバー
ゼゼガイ・銭貝(ぜぜがい) ゼニアオイ・銭葵(ぜにあおい) ゼニガタアザラシ・銭形海豹
ゼニガメ・銭亀(ぜにがめ) 銭轡(ぜにぐつわ) 銭ゲバ(ぜにげば)
ゼニゴケ・銭苔(ぜにごけ) ゼニムシ・銭虫(ぜにむし) 銭持ち首(ぜにもちくび)
セント 銭湯(せんとう) 大枚を叩く(たいまいをはたく)
チャリ銭(ちゃりせん) 手形(てがた) 寺銭(てらせん)
銅(どう) ドル 二束三文(にそくさんもん)
バーツ 端金(はしたがね) バンク
びた一文(びたいちもん) フラン ペソ
ポンド マネー 目腐れ金(めくされがね)
ユーロ 利息(りそく) リラ
ルピー

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス