税金

【意味】 税金とは、国家や地方公共団体が国費・公費にあてるため、国民や住民から強制的に徴収する金銭。税。租税。

【税金の語源・由来】

税金の「税」は中国語で、古く日本では「税」を「ちから」と言っていた。
「ちから」と言われた由来は、納められる側が勢力を強めることが出来る意味の「力」で、納める側の労力といった意味の「力」ではない。
「税」を「ちから」と呼ぶ言葉には、租税として納める稲「税稲(ちからしね)」、租税の稲米を収める倉「税倉(ちからくら)」、税をつかさどる役所「主税寮(ちからのつかさ・ちからりょう)」などがある。

【関連語】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス