セーター

【意味】 セーターとは、毛糸などで編んだ上着。特に、頭からかぶって着るものをいう。

【セーターの語源・由来】

英語「sweater」からの外来語で、「汗(をかく)」を意味する「sweat」に由来する。
1891年、アメリカのフットボールチームで、汗をかいて減量するためのユニフォームとして採用したことから、「汗をかく人」を意味する「sweater」が「汗をかかせる服」の意味に転じ、その他のスポーツでも採用され普及した。
このような衣類はユニフォームとして採用される以前から存在したが、「セーター」の名で呼ばれるようになったのは、この頃からである。
日本では、20世紀初頭に用いられるようになり、1914年(大正3年)に刊行された日本初の『外来語辞典』では、「毛糸製の襯衣(肌着や襦袢の意味)」と訳されている。

【関連語】

汗(あせ) アノラック 編む(あむ)
アロハシャツ 糸(いと) ウール
カーディガン カシミヤ カッターシャツ
カッパ・合羽(かっぱ) カフタン クローク
毛(け) ケープ 袈裟(けさ)
コート(服) コスチューム ジャージ
ジャケット シャツ ジャンパー
襦袢(じゅばん) ショール スウェット
ストール スポーツ セーラー服(ふく)
ダッフルコート タンクトップ 丹前(たんぜん)
ちゃんちゃんこ Tシャツ 褞袍(どてら)
トレーナー トレンチコート パーカー
羽織(はおり) バスローブ ピーコート
ファッション 服(ふく) フットボール
ブラウス ブレザー ボレロ
ポロシャツ ポンチョ マフラー
マント 蓑・簑(みの) ヤッケ
ユニフォーム ワイシャツ

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス