雪駄

【意味】 雪駄とは、竹の皮の草履の裏に革を張った履物。

【雪駄の語源・由来】

雪駄を古くは「せきだ(席駄)」といった。
「席」は「むしろ」や「竹や草で編んだ履物」の意味で、「駄」は下駄などの「駄」と同じく「履物」の意味である。
この「せきだ」が「せちだ」「せっだ」「せった」と変化し、「雪駄」の字が当てられた。
「雪」が当てられたのは音変化に伴なったことのほかに、湿気を通さず雪の上でも歩ける丈夫さからともいわれる。
湿気を通さないよう草履の裏に革を張ったのは、千利休による考案と伝えられる。
かかとに「ちゃらかね」と呼ばれる金具(尻鉄)が打ちつけられたのは元禄年間以降のことで、それ以後、「雪駄」と言えば裏に金の打ってあるものをいうことが多くなった。

【関連語】

足・脚・肢(あし) 歩く(あるく) 踵(かかと)
皮・革(かわ) かんじき 草(くさ)
靴・沓・履(くつ) 靴下(くつした) 下駄(げた)
サンダル 地下足袋(じかたび) ズック
スニーカー スリッパ 席(せき)
雪駄の裏に灸 雪駄の土用干し 草履(ぞうり)
ソックス タケ・竹(たけ) 足袋(たび)
履く・穿く(はく) 跣・裸足(はだし) 鼻緒(はなお)
パンプス ブーツ ミュール
筵・蓆・席・莚(むしろ) 雪(ゆき) 草鞋(わらじ)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス