切ない

【意味】 切ないとは、寂しさや悲しみなどで胸がしめつけられるさま。つらくやるせない気持ち。

【切ないの語源・由来】

切ないの「切」は、心が切れるほどの思いを意味し、「切なる思い」や「切に願う」など、「親身なさま」を表す言葉としても用いられる。
「切ない(せつなし)」は、元々「大切に思う」といったポジティブな意味も表し、広い意味で「切実な気持ち」をさす言葉として使われていたが、時代とともにネガティブな意味のみで使われるようになった。

【関連語】

哀れ・憐れ(あわれ) 痛い(いたい) 忌まわしい(いまわしい)
羨ましい(うらやましい) 悲しい・哀しい(かなしい) 可哀相・可哀想(かわいそう)
気の毒(きのどく) 切る・斬る・伐る(きる) 恋(こい)
心(こころ) 寂しい・淋しい(さびしい・さみしい) 焦れったい(じれったい)
親切(しんせつ) ジレンマ 刹那(せつな)
大切(たいせつ) 断腸の思い(だんちょうのおもい) 辛い(つらい)
塗炭の苦しみ(とたんのくるしみ) 嘆かわしい(なげかわしい) 情けない(なさけない)
ネガティブ 悲喜交々(ひきこもごも) 不憫(ふびん)
ポジティブ 惨め(みじめ) 空しい・虚しい(むなしい)
胸(むね) もどかしい 物憂い(ものうい)
遣る瀬無い(やるせない) 憂鬱(ゆううつ) 侘しい(わびしい)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典類語玉手箱日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス