刹那

【意味】 刹那とは、きわめて短い時間。瞬間。

【刹那の語源・由来】

サンスクリット語「ksana」の音写で、漢訳は「念」。
仏教語で時間の最小単位を意味し、七十五分の一秒を「一刹那」とする説や、指を一回弾く時間の六十五分の一を「一刹那」とするなど諸説ある。
本来は、「刹那という極めて短い時間を大切に生きよ」という教えであったが、転じて、「刹那主義」は「束の間の快楽に溺れる」という意味で一般的に用いられる。

【関連語】

呆気ない(あっけない) 生き馬の目を抜く いきなり
急ぐ(いそぐ) 一炊の夢(いっすいのゆめ) 今際の際(いまわのきわ)
暫く(しばらく) 一朝一夕(いっちょういっせき) インスタント
烏兎怱怱(うとそうそう) 俄然(がぜん) 間髪を容れず(かんはつをいれず)
忽然(こつぜん) さっき 直(じき)
直ぐ(すぐ) 即ち(すなわち) 素早い(すばやい)
切ない(せつない) 即座(そくざ) 即席(そくせき)
大切(たいせつ) 直ちに(ただちに) 忽ち(たちまち)
掌を返す(たなごころをかえす) 短兵急(たんぺいきゅう) 束の間(つかのま)
爪弾き(つまはじき) 唐突(とうとつ) 時(とき)
咄嗟(とっさ) 突如(とつじょ) 突然(とつぜん)
俄(にわか) 早い・速い(はやい) ふと
仏(ほとけ) モーメント 矢庭に(やにわに)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典類語玉手箱日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス