雪辱

【意味】 雪辱とは、試合などに負けて受けた恥を、次に勝つことによって消し去り、名誉を取り戻すこと。

【雪辱の語源・由来】

「辱」は「辱められる(はずかしめられる)」を意味し、「雪」は「雪ぐ(そそぐ)」「すすぐ」「洗い清める」を意味する。
そこから、恥をそそぐことを意味するようになり、前回負けた相手に勝ち、受けた恥をそそぐことを「雪辱する」「雪辱を果たす」と言うようになった。
「屈辱を晴らす」と混同した「雪辱を晴らす」という間違いが多く見られる。
「屈辱」は恥ずかしい思いをさせられることなので、それを晴らすことは良いが、「雪辱」は恥を拭い去ることなので、それを晴らすことは恥を自ら受け入れたいということになり、「名誉挽回」と混同した「汚名挽回」と同じ誤用となってしまう。

【関連語】

赤っ恥(あかっぱじ) 戦・軍(いくさ) 後ろ暗い(うしろぐらい)
後ろめたい(うしろめたい) 面映い(おもはゆい) 会稽の恥(かいけいのはじ)
決まりが悪い(きまりがわるい) 沽券に関わる(こけんにかかわる) 忸怩(じくじ)
漱ぐ・濯ぐ(すすぐ) 脛に傷を持つ(すねにきずをもつ) 濯ぐ・雪ぐ(そそぐ)
戦い・闘い(たたかい) 立つ瀬がない(たつせがない) 咎める(とがめる)
恥(はじ) 恥ずかしい(はずかしい) ばつが悪い(ばつがわるい)
プライド メンツ・面子(めんつ) 面目(めんぼく)
疚しい・疾しい(やましい) 雪(ゆき) リベンジ

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス