瀬戸際

【意味】 瀬戸際とは、勝負・成否・生死の分かれ目。

【瀬戸際の語源・由来】

「瀬戸」は「狭門(せと)」の意味で、両側の陸地が接近して海が狭くなっている所。
古くは「せど」とも言い、「瀬戸」と表記されるようになったのは近世以降である。
「際」は境界となるところ、境目の部分を意味する言葉で、瀬戸際は「狭い海峡と海との境目」が本来の意味である。
そこから、重要な分岐点・物事の分かれ目などを「瀬戸際」というようになった。

【関連語】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス