摂氏

【意味】 摂氏とは、「摂氏温度」の略。一気圧で水の凝固点を零度、沸点を100度とし、その間を100等分して定めた温度目盛り。記号℃。

【摂氏の語源・由来】

摂氏の「摂」は人名の頭文字。
摂氏温度は、1742年にスウェーデンの天文学者アンデルス・セルシウスが考案したもので、欧米では「セルシウス度」と呼ばれている。
日本では、セルシウスの中国音訳「摂爾思」から「摂氏(温度)」となった。
カタカナでは、「セ氏(温度)」と表記する。

【関連語】

アール 暖かい・温かい(あたたかい) 熱い・暑い(あつい)
アンペア インチ オーム
オクターブ オングストローム オンス
ガウス 華氏(かし) カラット
ガル カロリー カンデラ
キュリー キロ 位(くらい)
グラム ケルビン 氷(こおり)
寒い(さむい) シーベルト ジュール
スカラー ステラジアン センチメートル
ダイン 坪(つぼ) 冷たい(つめたい)
デシベル テックス デニール
トル トロイオンス トン
熱(ねつ) ノット バール
バイト ピクセル ビット
フィート ヘクタール ヘクトパスカル
ベクトル ベクレル ヘルツ
ボルト ホン ポンド
マグニチュード 水(みず) ミリ
メートル モル 匁(もんめ)
ヤード 湯(ゆ) リットル
ルーメン ルクス 列氏(れっし)
沸く・湧く・涌く(わく) ワット

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス