切磋琢磨

【意味】 切磋琢磨とは、学問や道徳に努め励むこと。また、仲間同士で励まし競いあって向上すること。

【切磋琢磨の語源・由来】

出典は中国最古の詩集『詩経』の「衛風(えいふう)・淇奥(きいく)」による。
「切」は骨や象牙を切ることで、「磋」はそれらを研ぐこと。
「琢」は玉や石を打ち叩いたくことで、「磨」は磨くことを意味する。
『詩経』ではこれらの語を用いて「切するが如く磋するが如く、琢するが如く磨するが如く」と、細工師の技工や完成した細工品に喩えて衛の武公をたたえたことから、切磋琢磨は学問や精神・人格を磨き、向上することを意味するようになった。
また、「切磋」のみや「琢磨」のみで用いることもある。

【関連語】

石(いし) 温故知新(おんこちしん) 驥尾に付す(きびにふす)
牙(きば) 稽古(けいこ) 蛍雪の功(けいせつのこう)
玉・球・弾・珠(たま) 付け焼刃(つけやきば) 研ぐ・磨ぐ(とぐ)
勉強(べんきょう) 骨(ほね) 学ぶ(まなぶ)
磨く・研く(みがく) ライバル ローマは一日にして成らず

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

切磋(せっさ)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
切磋琢磨の意味・用例・出典・類義・対義・英語表現 - 故事ことわざ辞典
切磋琢磨(せっさたくま)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
切磋琢磨の意味・読み・漢検級・由来・類義語・対義語 - 平明四字熟語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス