セリ

【意味】 セリとは、セリ科の多年草。田の畦や川岸など湿地に自生。水田で野菜としても栽培される。春の七草の一。

【セリの語源・由来】

セリの語源には、一所に競り合って生えるところから「せり(競り)」とする説や、迫り合って生えるところから「せまり(迫り)」とする説。
煮て食べると「セリセリ」と音がするところからなど諸説ある。
有力とされているセリの語源は「競り」「迫り」の説であるが、セリ以外にも競り合うように生えている植物は多く、セリよりも密集して生える植物も多いため疑問が残る。
アイヌ語でも「seri」と言い、日本語からの借用と考えられているが、アイヌ語から日本語に入ったとも考えられる。

【関連語】

アギ・阿魏(あぎ) アシタバ・明日葉(あしたば) 畦(あぜ)
アニス アマニュウ・甘にゅう アメリカボウフウ・アメリカ防風
アンジェリカ イノンド イブキボウフウ・伊吹防風
ウイキョウ・茴香(ういきょう) ウマノミツバ・馬の三つ葉 川・河(かわ)
岸(きし) キャラウェイ キャロット(植物)
草(くさ) クミン コエンドロ
ゴギョウ・御形・五形(ごぎょう) コニウム コニシ・古仁之(こにし)
コリアンダー シシウド・猪独活(ししうど) スズシロ・蘿蔔・清白
スズナ・菘(すずな) セルフィーユ セロリ
セロリアーク センキュウ・川きゅう セントウソウ・仙洞草
田(た) チドメグサ・血止め草 ツボクサ・壺草(つぼくさ)
ディル トウキ・当帰(とうき) ドクゼリ・毒芹(どくぜり)
ナズナ・薺(なずな) 七草粥(ななくさがゆ) ニンジン・人参(にんじん)
ノダケ・野竹・土当帰(のだけ) ノチドメ・野血止(のちどめ) パースニップ
パクチー ハコベ・繁縷(はこべ) パセリ
ハチジョウソウ・八丈草 花・華(はな) ハナウド・花独活(はなうど)
ハマゼリ・浜芹(はまぜり) ハマボウフウ・浜防風 春(はる)
フェンネル ボウフウ・防風(ぼうふう) ホタルサイコ・蛍柴胡
ボタンボウフウ・牡丹防風 ホトケノザ・仏の座(キク科) ミシマサイコ・三島柴胡
ミツバ・三つ葉(みつば) ヤブジラミ・藪虱(やぶじらみ) ヤブニンジン・藪人参
ヤマゼリ・山芹(やまぜり) ヨロイグサ・鎧草(よろいぐさ)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス