石鹸

【意味】 石鹸とは、洗剤の一種。一般には高級脂肪酸のナトリウム塩・カリウム塩をいう。シャボン。

【石鹸の語源・由来】

石鹸の「石」は固い物の意味。
「鹸」は塩水が固まったアルカリの結晶、また灰をこした水のことで、アルカリ性で洗濯にも使えることから、本来は「鹸」の一字で「石鹸」も意味する。
つまり、「固い鹸」の意味として日本人が考えた造語である。
南蛮貿易により渡来したが、当初は灰汁を麦粉で固めたものを言い、「鹸」の意味のまま用いられていた。
江戸時代には「シャボン」が常用語として使われていたため「石鹸」の語はあまり見られないが、明治に入ると漢語重視の風潮になり、多く用いられるようになった。
ただし、この当時の振り仮名は「シャボン」とされるのが普通で、「せっけん」と読まれるのは明治後半からである。

【関連語】

垢(あか) 灰汁(あく) 油・脂・膏(あぶら)
洗う(あらう) アルカリ 泡(あわ)
石(いし) 顔(かお) 堅い・固い・硬い(かたい)
体(からだ) カリウム 行水(ぎょうずい)
塩(しお) ジャグジー シャボン玉(しゃぼんだま)
シャワー シャンプー 銭湯(せんとう)
ソープ トリートメント ナトリウム
灰(はい) バス(風呂) 肌・膚(はだ)
バブル 風呂(ふろ) 水(みず)
リンス

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

石鹸(せっけん)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス