責任転嫁

【意味】 責任転嫁とは、自分が負うべき責任を他人になすりつけること。

【責任転嫁の語源・由来】

責任転嫁の「転嫁」は、「嫁を転がす」「嫁が転がる」といった意味ではなく、「再度の嫁入り(再嫁)」という意味。
「再度の嫁入り」から転じて、「転嫁」は他に移すことを表すようになった。
「転嫁」のみでも、自分の罪や責任を他の者になすりつける意味がある。

【関連語】

当て馬(あてうま) あなた任せ(あなたまかせ) 生け贄・生贄(いけにえ)
写す・映す・移す(うつす) 負う(おう) お仕着せ(おしきせ)
被く(かずく) 被る(かぶる) 犠牲(ぎせい)
義務(ぎむ) 下駄を預ける(げたをあずける) 誤魔化す(ごまかす)
転がる(ころがる) 嘱する(しょくする) 尻を持ち込む(しりをもちこむ)
スケープゴート 脛を齧る(すねをかじる) 所為にする(せいにする)
責任(せきにん) 託す・托す(たくす) 頼む・恃む(たのむ)
ダミー 他力本願(たりきほんがん) 罪(つみ)
蜥蜴の尻尾切り 嫁ぐ(とつぐ) 擦る(なする)
逃げる(にげる) 濡れ衣(ぬれぎぬ) 逃れる(のがれる)
任せる・委せる(まかせる) 免れる(まぬがれる) 委ねる(ゆだねる)
嫁(よめ)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス