青天の霹靂

【意味】 青天の霹靂とは、予想外のことや事件が突然起こること。「晴天の霹靂」と書くのは間違い。

【青天の霹靂の語源・由来】

青天の霹靂の「青天」は雲ひとつない澄んだ青空、「霹靂」は突然雷が鳴ること。
青天の霹靂の由来は、中国南宋の詩人「陸游(りくゆう)」が「九月四日鶏未鳴起作」の中で、「青天、霹靂を飛ばす」と表現したことによる。
「青天、霹靂を飛ばす」は、病床に伏していた陸游が突然起き上がり、筆を走らせた勢いを雷に喩えたもので、本来は筆の勢い表した言葉であった。

【関連語】

青(あお) 雷(いかずち) いきなり
イナズマ・稲妻(いなずま) カミナリ・雷(かみなり) 驚く・愕く(おどろく)
革命(かくめい) 俄然(がぜん) 間髪を容れず(かんはつをいれず)
ぎゃふん 雲(くも) 忽然(こつぜん)
素っ頓狂(すっとんきょう) 即座(そくざ) 空(そら)
直ちに(ただちに) 忽ち(たちまち) たまげる
短兵急(たんぺいきゅう) 天気(てんき) 唐突(とうとつ)
度肝を抜く(どぎもをぬく) 突如(とつじょ) 突然(とつぜん)
突飛(とっぴ) 突拍子もない(とっぴょうしもない) どんでん返し(どんでんがえし)
二の句が継げない 俄(にわか) 寝耳に水(ねみみにみず)
晴れ(はれ) びっくり 豹変(ひょうへん)
降って湧く(ふってわく) 筆(ふで) ふと
矢庭に(やにわに) 藪から棒(やぶからぼう)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス