正鵠を射る

【意味】 正鵠を射るとは、物事の要点を正しくおさえる。正鵠を得る。

【正鵠を射るの語源・由来】

「正」「鵠」とも弓の的の中心にある黒点の意味があり、同様の意味で「正鵠」という熟語が古代中国で生まれた。
「鵠」を日本では「くぐい」と読み、ハクチョウの異名として用いられる字であるが、「鵠」が的の意味を持つようになったのは、的の中心が黒ではなく白かったためといわれる。
「正鵠」は的の中心の意味から、物事の要点や核心の意味に転じた。
明治時代に物事の急所や要点を正確につく意味で「正鵠を得る」が生じ、「正鵠」に「的」の意味があるところから、昭和に入って「正鵠を射る」の形が生まれた。
この流れからも解るとおり、「正鵠を射る」は的を射る意味から生じた言葉で、「正鵠を得る」が誤用とするのは間違いである。

【関連語】

射る(いる) 得る(える) 要(かなめ)
肝心(かんじん) 肝・胆(きも) クグイ・鵠(くぐい)
黒(くろ) 肯綮に中る(こうけいにあたる) コツ
白(しろ) 真髄・神髄(しんずい) 図星(ずぼし)
大切(たいせつ) ツボ 当を得る(とうをえる)
ハクチョウ・白鳥(はくちょう) ポイント 的(まと)
的を射る(まとをいる)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス