世紀

【意味】 世紀とは、西暦を100年単位で一期とする年代の数え方。21世紀は2001年から2100年まで。一続きの時代。

【世紀の語源・由来】

英語「century」の訳語。
当初、「century」には「百年」や「世期」など様々な訳語が用いられたが、明治20年頃から「世紀」で定着していった。
漢語では、ある事柄に特徴づけられる一纏まりの時代を表し、「科学の世紀」や「宇宙の世紀」などの表現は「100年」の区切りから派生した用法ではなく、漢語本来の意味からである。
「世紀の大事件」など「未曾有」「非常に希」といった意味で用いるのは、「100年に一度あるかないか」の意味からなので、「century」の訳語が派生したもの。
「世」の漢字は「十」の字を三つ並べ、その一つの縦棒を横にのばして「三十年間にわたり期間がのびること」を表した字で、「長くのびた期間」や「時代」を意味する。

【関連語】

何時(いつ) 古(いにしえ) 今(いま)
宇宙(うちゅう) 閏年(うるうどし) 干支(えと)
日(か) 数える(かぞえる) カレンダー
暦(こよみ) 頃(ころ) シーズン
セゾン 節句(せっく) 月(つき)
続く(つづく) 時(とき) 時計(とけい)
年・歳(とし) 長い・永い(ながい) 二十世紀(梨:にじっせいき)
伸びる・延びる(のびる) 日(ひ) 秒(びょう)
分(ふん) 平年(へいねん) 稀・希(まれ)
未曾有(みぞう) 昔(むかし) 滅多(めった)
齢(よわい)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス