背広

【意味】 背広とは、上着とズボン、あるいはそれにチョッキを加えた一組の服。男子の平常用スーツ。

【背広の語源・由来】

1860年代のフロックコートに代わり、1870年代から普及したもので、この頃より「背広」の漢字表記が見られる。
語源は諸説あり、以下の順に有力とされているが未詳。
1.軍服に対して市民服を意味する英語「civil clothes」の「civil」が訛って「セビロ」となり、漢字で「背広」が当てられたとする説。
2.背筋に縫い目がなく、背幅がゆったりしていることからとする説。
3.ロンドンの高級洋服店街「Savile Row」からこの服が売り出されたため、「Savile」が訛って「セビロ」となり、「背広」が当てられたとする説。
4.スコットランドの羊毛・服地の産地「Cheviot」が訛って「セビロ」となり、漢字で「背広」が当てられたとする説。
5.ゆったりした男性用上着を意味する英語「sack coat」の訳語にされたとする説。
新たな仮説として、英語の中国語訳に「vest」が「背心」など「背」の文字が使用されていることから、英語の中国語訳、もしくは中国語に由来する説も出てきている。

【関連語】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス