座敷

【意味】 座敷とは、畳敷きの部屋。特に、客間。「お座敷」の形で、芸者・芸人などが招かれる酒席。

【座敷の語源・由来】

板張りの床に対して生まれた語。
昔は板敷き床であったため、畳・しとね・円座などの敷物を敷いて座る場所を設けた。
それらの敷物を「座」ということから、座を敷いた場所という意味で「座敷」となった。
畳を敷いた部屋そのものが呼ばれるようになったのは、室町時代ごろからである。
特に客間を指すのは、客をもてなすために敷物を敷くことが多かったためで、その流れから酒席を「お座敷」と呼ぶようになった。

【関連語】

アパート 行灯(あんどん) 家(いえ)
居酒屋(いざかや) 板(いた) 縁側(えんがわ)
エントランス 踊り場(おどりば) カーペット
楽屋(がくや) 玄関(げんかん) 酒(さけ)
敷居(しきい) 褥・茵(しとね) 絨毯・絨緞(じゅうたん)
障子(しょうじ) スイートルーム 座る・坐る(すわる)
畳(たたみ) 床の間(とこのま) 庭(にわ)
襖(ふすま) 布団(ふとん) 部屋(へや)
マンション 屋敷・邸(やしき) 床(ゆか)
廊下(ろうか)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス