懺悔

【意味】 懺悔とは、神仏の前で自分の犯した罪悪を告白し、悔い改めることを誓うこと。懴悔。

【懺悔の語源・由来】

懺悔は仏教語で、罪を告白することを意味するサンスクリット語「kşama」の音写「懺摩(さんま)」の「懺」と、その漢訳「悔」との合成漢語。
元は「さんげ」と語頭が清音であったが、近世中頃から「ざんげ」と濁音読みされるようになり、現在では「ざんげ」が一般的である。
ただし、現在も仏教用語としては「さんげ」という。

【関連語】

誤る・謝る(あやまる) 改める(あらためる) 省みる(かえりみる)
神(かみ) 悔やみ・悔やむ(くやみ・くやむ) 告白(こくはく)
御免(ごめん) すみません 誓う(ちかう)
罪(つみ) 泥を吐く(どろをはく) 白状(はくじょう)
臍をかむ(ほぞをかむ) 仏(ほとけ) 申し訳ない(もうしわけない)
侘びる・詫びる(わびる)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス