ザボン

【意味】 ザボンとは、ミカン科の常緑小高木。アジア南部原産。果皮は厚く、砂糖漬けにする。果肉は淡黄色で、やや苦味がある。文旦(ぶんたん)。

【ザボンの語源・由来】

ザボンは、ポルトガル語の「zamboa」から。
当初は、「ザンボア」や「ザンボ」と原語に近い呼称であったが、転じて「ジャボン」となり、「ザボン」になった。
これには、ザボンの粘液が水に溶けた石鹸のように泡が立つことから、「シャボン」との混同で「ジャボン」になったとする説と、単に発音のしやすさから転じたとする説がある。
漢字表記の「朱欒(しゅらん)」は漢名からで、江戸時代には「座梵」という当て字も使われた。

【関連語】

イヨカン・伊予柑(いよかん) 温州蜜柑(うんしゅうみかん) オレンジ
カボス・香母酢(かぼす) 皮・革(かわ) 木・樹(き)
黄色(きいろ) キンカン・金柑(きんかん) 果物(くだもの)
クネンボ・九年母(くねんぼ) グレープフルーツ 砂糖(さとう)
サンショウ・山椒(さんしょう) シトロン シャボン玉(しゃぼんだま)
スダチ・酢橘(すだち) 石鹸(せっけん) ダイダイ・橙(だいだい)
タチバナ・橘(たちばな) タンゼリン デコポン
夏蜜柑(なつみかん) 苦い(にがい) ネーブル
ハッサク・八朔(はっさく) フルーツ ブンタン・文旦(ぶんたん)
ベルガモット ポンカン・椪柑(ぽんかん) マンダリン
実(み) ミカン・蜜柑(みかん) ユズ・柚子(ゆず)
ライム レモン・檸檬(れもん)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス