サミット

【意味】 サミットとは、主要先進国首脳会議。毎年一回開催される。団体・組織などの最高責任者同士による会談。

【サミットの語源・由来】

「頂上」を意味する英語「summit」からの外来語で、ラテン語で「最高」を意味する「summus」に由来する。
「summit」には「会議」や「会談」といった意味はないが、「首脳」を「山頂」にたとえた「トップ会談」の意味から派生し、最高責任者などが集まる会議についても用いられる。
サミット(主要先進国首脳会議)は、フランスの提唱で1975年から毎年一回開催されるようになった国際会議で、アメリカ・イギリス・フランス・ドイツ・イタリア・カナダ・日本に、ロシアの加わった8か国の首脳およびEU委員長が参加する。

【関連語】

井戸端会議(いどばたかいぎ) インタビュー 打ち合わせ(うちあわせ)
駆け引き(かけひき) ギャザリング 国(くに)
経済(けいざい) コンファレンス コンベンション
首相(しゅしょう) シンポジウム 政治(せいじ)
折衝(せっしょう) 大統領(だいとうりょう) テロ
フォーラム ミーティング 山(やま)
リーダー

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス