サーロイン

【意味】 サーロインとは、牛肉の腰上部の部位。肉質は柔らかく、きめが細かい。ステーキやローストに最適。

【サーロインの語源・由来】

サーロインは、英語「sirloin」からの外来語。
「sirloin」は、14世紀のフランス語で「surlonge(シュールロンジュ)」と言った。
「sur」が「上部」「上の」、「longe」は「腰部」の意味である。
「surlonge」が「surloigne」に変化し、16世紀に英語に入って「surloyn」となり、「sirloin」が生まれた。
語源には、イギリスのヘンリー8世が夕食にこのステーキを出された際、あまりの美味しさに「この肉にサー(ナイト爵)の称号を与える」と言ったことから、「サー(ナイト爵)」の「ロイン(腰肉)」で「サーロイン」になったという話があり、チャールズ1世や2世にも同様の話がある。
これらは俗説であるが、「sur」から「sir」へ変化する過程で、「サー」の称号にまつわる話が加わった可能性はわずかだが考えられるため、完全な俗説とは言い切れない。

【関連語】

イチボ 上(うえ) ウシ・牛(うし)
美味しい(おいしい) ガツ カルビ
ギアラ ゲタ(肉) 腰(こし)
コブクロ コリコリ サガリ
シビレ シマチョウ シンタマ
ステーキ センマイ・千枚 タン
チレ ツラミ テール
テッチャン テッポウ(直腸) テンダーロイン
肉(にく) ハチノス・蜂の巣 ハツ
バラ肉(ばらにく) ハラミ ビーフ
ビフテキ ヒレ・フィレ・ヘレ ホルモン
マメ(腎臓) ミート ミノ
モツ ヤオキモ ヤサキ
柔らかい・軟らかい ランプ(肉) レバー
ロース ロースト

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス