サザンカ

【意味】 サザンカとは、ツバキ科の常緑小高木。山地に自生。観賞用としても栽培される。

【サザンカの語源・由来】

サザンカは、中国語でツバキ科の木を「山茶」といい、その花を「山茶花」と称したことに由来する。
「山茶」と呼ばれる由来は、葉がお茶のように飲料となることから、「山に生える茶の木」の意味である。
日本では、中世に「山茶花」の名が現れるが、当時は「サンザクヮ(サンサクヮ)」と文字通りの発音であった。
これが倒置現象によって、江戸中期頃から「サザンクヮ(ササンクヮ)」となり、「サザンカ」となった。
古く、「山茶花」は「椿(ツバキ)」と同じ意味の漢語として扱われ、『日葡辞書』でも「ツバキと呼ばれる木の花」と解説されていたが、江戸時代に入り、現在でいう「サザンカ」を指すようになった。

【関連語】

お茶(おちゃ) カメリア 木・樹(き)
サカキ・榊(さかき) シャラノキ・沙羅の木 ツバキ・椿(つばき)
トウチャ・唐茶(とうちゃ) トウツバキ・唐椿(とうつばき) ナツツバキ・夏椿(なつつばき)
葉(は) 花・華(はな) ヒサカキ
ヒメシャラ・姫沙羅(ひめしゃら) モッコク・木斛(もっこく) 山(やま)
ユキツバキ・雪椿(ゆきつばき) ワビスケ・侘助(わびすけ)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス