サザエ

【意味】 サザエとは、リュウテンサザエ科の海産の巻貝。殻表に長く太いとげのような突起をもつものが多い。壺焼きにして食べることが多いが、新鮮なものは刺身でも美味。さざい。さだえ。

【サザエの語源・由来】

「ササエ(小家)」の転、「ササエ(小枝)」の転、「サヘデサカエ(塞手栄)」の転、「サザレ(礫)」の転、「ササエダ(碍枝)」の転など諸説あり未詳。
「サザレ(礫)」が転じたとする説が若干有力とされているが、平安時代の語形は「サダエ」で、その後「サダイ」と変化し、室町時代に「サザイ」、18世紀初頭から徐々に「サザエ」となった語であることから難しい。
漢字の「栄螺」や「拳螺」の「螺」は巻貝の総称で、「栄」は音や形から、「拳」は形から当てられたものであろう。

【関連語】

家(いえ) 海(うみ) 枝(えだ)
貝(かい) キングチサザエ・金口栄螺 コシダカサザエ・腰高栄螺
拳(こぶし) 栄える(さかえる) 栄螺堂(さざえどう)
栄螺梯子(さざえばしご) サザエワリ・栄螺割(さざえわり) 細れ(さざれ)
刺身(さしみ) スガイ・酢貝(すがい) 小さい(ちいさい)
ツブ・螺(つぶ) 壷・壺(つぼ) 刺・棘(とげ)
ニシ・螺(にし) ニシキサザエ・錦栄螺 焼く(やく)
ヤコウガイ・夜光貝 リュウテン・龍天

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス