サワラ

【意味】 サワラとは、スズキ目サバ科サワラ属の海水魚。全長約1メートル。成長するに従い、サゴシ・サゴチ、ナギ、サワラと呼び名が変わる出世魚。

【サワラの語源・由来】

歴史的仮名遣いは「サハラ」。
「サ」が「狭い」、「ハラ」が「腹」の意味で、マグロを細長くしたようなその体形から「サハラ」になったといわれる。
また、植物の葉に斑点や筋ができたものを「イサハ」と言っていたことから、サワラの斑点を古くは「イサハダ」と言っおり、「イ」が脱落して「サハダ」「サハラ」と変化したのではないかとする説もある。
「イサハダ」と呼ばれていたというのは推測でしかないが、この説が正しいとすればサワラはサバ科の魚なので、同じように斑点のある「サバ」の語源も「イサハ」に通じると考えられる貴重な説である。
漢字の「鰆」は、春先に多く獲れることから「春が旬の魚」を意味している。
ただし、瀬戸内では春が旬だが、関東で美味しくなるのは秋以降で、特に12月を過ぎたものを「寒ザワラ」と呼び、冬が旬とされている。

【関連語】

秋(あき) 油・脂・膏(あぶら) 海(うみ)
カツオ・鰹(かつお) カマス・梭魚・梭子魚(かます) からすみ
キハダ・黄肌(きはだ) コシナガ・腰長(こしなが) 魚(さかな)
サバ・鯖(さば) シビ・鮪(しび) 出世魚(しゅっせうお)
旬(しゅん) 筋(すじ) スズキ・鱸(すずき)
スマ・須万(すま) 狭い(せまい) タチウオ・太刀魚(たちうお)
葉(は) 腹(はら) 春(はる)
ハルツゲウオ・春告魚 ビンナガ・鬢長(びんなが) 冬(ふゆ)
マグロ・鮪(まぐろ) 斑(まだら) メジマグロ・めじ鮪(めじまぐろ)
メバチ・眼撥(めばち)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス