里芋

【意味】 里芋とは、サトイモ科の多年草。熱帯アジア原産。約200種の品種がある。

【里芋の語源・由来】

里芋の渡来は古く、奈良時代には栽培されていたといわれる。
元々「イモ(奈良時代は「ウモ」)」と呼ばれるものは、山で採れる「山芋」のことを指し、それと区別するために、「里で栽培される芋」の意味で「里芋」と呼ぶようになった。
ただし、「サトイモ」は室町時代末期になってから現れる呼称で、奈良時代には「イヘツウモ(家の芋の意味)」、平安時代には「イヘツイモ」や「イヘノイモ」と呼ばれた。
里芋の別名には「家芋(いえいも)」「畑芋(はたけいも)」「田芋(たいも)」などあり、これらも「山芋」に対して「人家・村里で栽培される芋」の意味からの命名である。

【関連語】

家(いえ) イモ・芋・薯・藷(いも) 菊芋(きくいも)
草(くさ) コンニャク・蒟蒻(こんにゃく) サツマイモ・薩摩芋(さつまいも)
里(さと) ジャガイモ・じゃが芋(じゃがいも) ショウブ・菖蒲(しょうぶ)
田(た) 捏ね芋・仏掌薯(つくねいも) テンナンショウ・天南星
畑・畠(はたけ) 花・華(はな) 馬鈴薯(ばれいしょ)
ポテト ミズバショウ・水芭蕉 山(やま)
ユキモチソウ・雪餅草

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス