刺身

【意味】 刺身とは、新鮮な魚介類などを生のまま薄く切り、醤油やわさび、生姜などをつけて食べる料理。刺し身。サシミ。お造り。

【刺身の語源・由来】

刺身は、室町時代から見られる語。
武家社会では「切る」という語を嫌っていたため、「切り身」ではなく「刺身」が用いられるようになった。
「刺す」という表現は、包丁で刺して小さくすることからと思われる。
他の説では、魚のヒレやエラを串に刺して魚の種類を区別していたことから、「刺身」と呼ぶようになったとする説もあるが、ヒレやエラの部分は一般的に「身(肉)」と考えられていないため、この説は考えがたい。
魚以外の材料で「刺身」と呼ぶものには、「たけのこの刺身」「刺身こんにゃく」、「馬刺し」や「牛刺し」などあり、魚の刺身の切り方や盛り付け方、新鮮な生肉(身)などの意味から呼ばれるようになったものである。

【関連語】

あがり(お茶) 洗い(あらい) 飯鮨・飯寿司(いいずし・いずし)
飯無し鮨(いいなしずし) 一夜鮨(いちやずし) 稲荷寿司(いなりずし)
卯の花寿司(うのはなずし) 江戸前(えどまえ) 恵方巻き(えほうまき)
鰓(えら) 大阪鮨(おおさかずし) 尾頭付き(おかしらつき)
お造り(おつくり) かっぱ巻き(かっぱまき) ガリ
カルパッチョ 切る・斬る・伐る(きる) 腐り鮨(くさりずし)
軍艦巻き(ぐんかんまき) 毛抜き鮨(けぬきずし) 杮寿司(こけらずし)
コンニャク・蒟蒻(こんにゃく) 魚(さかな) 桜肉(さくらにく)
刺身のつま(さしみのつま) 刺す(さす) サラダ
信太寿司(しのだずし) シャリ・舎利(しゃり) ショウガ・生姜(しょうが)
醤油(しょうゆ) 助六寿司(すけろくずし) 寿司・鮨・鮓(すし)
雀鮨・雀寿司(すずめずし) 筍・竹の子(たけのこ) タタキ
タルタルステーキ 散らし寿司(ちらしずし) 釣瓶鮨(つるべずし)
鉄火巻き(てっかまき) てっさ・てっちり トロ
生(なま) 膾・鱠(なます) 馴れ寿司・熟れ鮨(なれずし)
饅(ぬた) 肉(にく) バッテラ
冷奴(ひややっこ) 鰭(ひれ) 包丁(ほうちょう)
まな板(まないた) 身(み) ムラサキ・紫(むらさき)
弥助鮨(やすけずし) ユッケ ワサビ・山葵(わさび)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス