サルスベリ

【意味】 サルスベリとは、ミソハギ科の落葉高木。中国南部原産。紅・淡紫・白などの六弁花をつける。ヒャクジツコウ。

【サルスベリの語源・由来】

サルスベリは樹皮が滑らかで、木登りが得意な猿さえ滑り落ちて登れないことから名付けられた。
サルスベリが「ヒメシャラ」や「リョウブ」の別名として用いられるのも、樹皮が滑らかなところからである。
サルスベリの別名には「サルナメリ」があり、「ナメリ」は「滑る」からであるが、古くは「サルスベリ」ではなく「ブナ」を指していた。
「百日紅」は中国名で、長期にわあっって花が咲き続けることからついた名である。

【関連語】

木・樹(き) キカシグサ・きかし草 クフェア
咲く(さく) サル・猿(さる) シコウカ・指甲花(しこうか)
滑る(すべる) 滑らか(なめらか) 花・華(はな)
バナバ ハナヤナギ・花柳(はなやなぎ) 日(ひ)
ヒメシャラ・姫沙羅(ひめしゃら) ブナ・山毛欅(ぶな) 紅(べに)
ベニチョウジ・紅丁子 ミズマツバ・水松葉(みずまつば) ミソハギ・禊萩(みそはぎ)
リスルム・ウィルガツム リョウブ・令法(りょうぶ)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス