三途の川

【意味】 三途の川とは、死んで七日目に渡るという冥途にある川。三瀬川。葬頭河。渡り川。

【三途の川の語源・由来】

三途の川には流れの速度が異なる三つの瀬があり、生前の業(ごう)によって「善人は橋」「軽罪の者は浅瀬」「重罪の者は流れの速い深み」を渡ることから、「三つの道」の意味で「三途の川」や「三瀬川」と呼ばれるようになったといわれる。
しかし、「三途」は死者が悪業を報いるために逝くという三悪道のことを意味していたため、三悪道の考えから「善人」を含んだ「三途の川」が生まれたと考えられる。
また、この三悪道の「三途」は「地獄道」「餓鬼道」「畜生道」からなり、地獄道は火に焼かれることから「火途」、餓鬼道は刀で虐められることから「刀途」、畜生道は互いに食い合うことから「血道」と呼ばれる。

【関連語】

荒城・殯(あらき) 往生(おうじょう) 鬼(おに)
お彼岸(おひがん) お盆(おぼん) 骸骨(がいこつ)
戒名(かいみょう) ガキ・餓鬼(がき) 刀(かたな)
川・河(かわ) 極楽(ごくらく) 賽の河原(さいのかわら)
懺悔(ざんげ) 地獄(じごく) 死ぬ(しぬ)
シャリ・舎利(しゃり) 髑髏(しゃれこうべ) 卒塔婆(そとば)
血(ち) 畜生(ちくしょう) ドクロ・髑髏(どくろ)
土左衛門(どざえもん) 墓(はか) 橋(はし)
火(ひ) 棺・柩(ひつぎ) 葬る(ほうむる)
仏(ほとけ) 道(みち) 冥土・冥途(めいど)
殯(もがり) 黄泉(よみ)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス