山椒

【意味】 山椒とは、ミカン科の落葉低木。山地に自生する。芽は香味料に、果実は香辛料および健胃薬・回虫駆除薬に、材はすりこぎにする。さんしょ。

【山椒の語源・由来】

山椒は、古く「ハジカミ(椒)」と言っていたが、生姜が普及してからは生姜も「ハジカミ」と呼ばれるようになってしまった。
生姜と区別するため、山椒は「結実する」という意味で「ナルハジカミ」や、実が房状になる意味で「フサハジカミ」などと呼ばれたこともあった。
漢字の「椒」は「木+音符叔(小さい実)」で、小粒の実がなる木を意味し、「椒」の一字でも「山椒」を指していたが、山で採れる意味で「山」が冠されて「山椒」となった。
その漢字を音読みしたのが「サンショウ」で、「生姜」に「ハジカミ」の名を奪われたため、この名で定着していった。

【関連語】

イヨカン・伊予柑(いよかん) ウナギ・鰻(うなぎ) 温州蜜柑(うんしゅうみかん)
オレンジ 蒲焼(かばやき) カボス・香母酢(かぼす)
辛い(からい) カラシ・芥子・辛子(からし) 木・樹(き)
キンカン・金柑(きんかん) 薬(くすり) クネンボ・九年母(くねんぼ)
グレープフルーツ コショウ・胡椒(こしょう) ゴマ・胡麻(ごま)
ザボン・朱欒(ざぼん) サンショウウオ・山椒魚 シソ・紫蘇(しそ)
七味唐辛子(しちみとうがらし) シトロン ショウガ・生姜(しょうが)
スダチ・酢橘(すだち) スパイス 擂粉木(すりこぎ)
ダイダイ・橙(だいだい) タチバナ・橘(たちばな) タンゼリン
小さい(ちいさい) 佃煮(つくだに) 粒(つぶ)
デコポン 唐辛子(とうがらし) 土用の丑(どようのうし)
夏蜜柑(なつみかん) ニンニク・大蒜・葫(にんにく) ネーブル
ネギ・葱(ねぎ) 椒・薑(はじかみ) ハッサク・八朔(はっさく)
総・房(ふさ) ブンタン・文旦(ぶんたん) ベルガモット
ポンカン・椪柑(ぽんかん) マンダリン 実(み)
ミカン・蜜柑(みかん) 芽(め) 山(やま)
ユズ・柚子(ゆず) ライム レモン・檸檬(れもん)
ワサビ・山葵(わさび)

【関連リンク】

「サンショウ・山椒」を含むことわざ・慣用句・故事成語・四字熟語の一覧

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス