三下

【意味】 三下とは、下っ端の者。取るに足らない者。また、そのさま。

【三下の語源・由来】

三下は、博打打ちの間で下っ端の者をいった隠語。
サイコロ博打で、3より下の1や2しか出ないと勝ち目がないことから、目(芽)が出ない者を「三下・三下奴(さんしたやっこ)」というようになった。

【関連語】

青二才(あおにさい) 卑しい・賎しい(いやしい) 劣る(おとる)
家臣(かしん) 下僕(げぼく) 家来(けらい)
股肱(ここう) 小僧(こぞう) サイコロ
雑魚(ざこ) 三一(さんぴん) 僕・下部(しもべ)
新米(しんまい) 走狗(そうく) 提灯持ち(ちょうちんもち)
チンピラ 弟子(でし) 手下(てした)
丁稚(でっち) 博打(ばくち) パシリ
懐刀(ふところがたな) ペーペー へっぽこ
へな猪口(へなちょこ) ルーキー

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス