三文判

【意味】 三文判とは、出来合いの安価な印判。

【三文判の語源・由来】

三文判の「三文」は、江戸時代以前の通貨で、一文銭三枚のこと。
時代により価値は異なるが、千文が一貫、四貫文が金一両で、三文は非常に安価な額となる。
そこから価値の低い物や、安い物に対して「三文」はつけられるようになった。
本来、判子は注文後に作られ、出来合いの判子は安価で粗末な物であることから「三文判」と呼ぶようになった。
その他、「三文」が付けられた言葉には江戸時代以前の「三文絵」「三文花」「三文雛」「三文野郎」「三文芝居」、明治以降には「三文文士」「三文雑誌」がある。

【関連語】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス