三枚目

【意味】 三枚目とは、芝居や映画などで滑稽な役をする俳優。道化方。茶利。滑稽な言動をする人。

【三枚目の語源・由来】

三枚目は江戸時代の歌舞伎用語で、顔見世の時に劇場にの正面に掲げられた八枚看板の三番目に道化役の名が書かれていたことに由来する。
転じて、芝居や映画などで滑稽な役をする人を「三枚目」というようになり、役者に関わらず滑稽な言動をする人もあらわすようになった。
また、二枚目との比較から、ブサイクな男性を「三枚目」ということもある。
ちなみに、三枚目以外の八枚看板は、一枚目に「主役」、二枚目には和事・濡れ事を持ち役とする「美男役」、四枚目には大物俳優である「中軸」、五枚目には「敵役」、六枚目には良い人物でありながら敵である「実敵役」、七枚目には「実悪役」、八枚目には座長・代表者の「座頭」が描かれた。

【関連語】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

三枚目(さんまいめ)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
三枚目(さんまいめ)の意味 - 日本語俗語辞書

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス