サンマ

【意味】 サンマとは、ダツ目サンマ科の海水魚。体は細長く、側扁し刀状。

【サンマの語源・由来】

サンマの語源は、体が細長いことから「狭真魚(さまな)」の音便約とする説。
古くは「三馬」や単に「馬」と言われており、「サウマ」「サムマ」「イソムマ(磯・甘味)」からとする説。
「イサウマナ」「サムマナ」「サムナ」の順に変化したとする説などあるが、どれも確定できるものではない。
京都では「サヨリ」とも呼ばれていたが、サンマと同様に沿岸に群れを成す魚であることから、単に区別されていなかっただけとも考えられるし、他の群れをなす魚の多くが「サ」で始まることから関連性がないとも言えない。
漢字の「秋刀魚」は、体が刀状で秋の代表的な魚であることからの当て字である。

【関連語】

秋(あき) 磯(いそ) 卯の花寿司(うのはなずし)
ウマ・馬(うま) うまい 海(うみ)
刀(かたな) 蒲焼(かばやき) 魚(さかな)
サヨリ・細魚(さより) 七輪・七厘(しちりん) ダツ・駄津(だつ)
トビウオ・飛魚(とびうお) 長い・永い(ながい) 細い(ほそい)
群れ(むれ) 目黒の秋刀魚(めぐろのさんま) メダカ・目高(めだか)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス