サンダル

【意味】 サンダルとは、足の甲を覆い包まず、紐やバンドで足にとめる履物の総称。

【サンダルの語源・由来】

サンダルは、「板」を意味するギリシャ語「sandalion」に由来する。
サンダルの起源は諸説あり正確なことは解かっていないが、紀元前2000年頃のエジプトで熱砂から足の裏を保護するために作られたのが始まりと考えられている。
日本では1932年頃から木製のサンダルが作られるようになり、1950年頃からビニール製が作られ、ビーチサンダルなど広く使われるようになった。

【関連語】

足・脚・肢(あし) 板(いた) かんじき
木・樹(き) 靴・沓・履(くつ) 靴下(くつした)
下駄(げた) ゴム 地下足袋(じかたび)
ズック スニーカー スリッパ
雪駄(せった) 草履(ぞうり) ソックス
足袋(たび) ナース 履く・穿く(はく)
跣・裸足(はだし) 鼻緒(はなお) バンド
パンプス ビーチ ビニール
ヒモ・紐(ひも) ファッション ブーツ
ミュール 草鞋(わらじ)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス