真田紐

【意味】 真田紐とは、太い木綿糸で平たく厚く織った紐。真田打ち。

【真田紐の語源・由来】

真田紐は、真田昌幸(幸村の父)が刀の柄(つか)に、この紐を巻いたことからというのが通説となっている。
また、幅の狭い織紐を「さのはた(狭織)」と呼んでいたことから、「さのはた」が転じて「さなだ」になったともいわれる。
このほか真田紐の語源には、チベット周辺の言語で「紐」を意味する「サナール」が転じたとする説もある。
真田紐は組紐の一種に分類されることも多いが、織って作ることから織物の一種とした方がよい。

【関連語】

厚い・篤い(あつい) 糸(いと) 緒(お)
帯(おび) 織る(おる) 刀(かたな)
ケーブル 弦(げん) コード
紙縒り(こより) ザイル ストラップ
ストリング 狭い(せまい) 手綱(たづな)
柄(つか) 綱(つな) 弦(つる)
テープ 縄(なわ) 幅(はば)
ヒモ・紐(ひも) 平たい(ひらたい) 木綿(もめん)
リボン リリヤン ロープ
ワイヤー

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス