【意味】 侍とは、武芸をもって貴族や武家に仕えた者。武士一般の総称。

【侍の語源・由来】

侍の語源は、貴人のそば近くに使えることを意味する動詞「さぶらふ(さぶらう)」の名詞形「さぶらひ」に由来する。
「さぶらふ」は、「守らふ(もらふ)」に接頭語「さ」が付いた「さもらふ」が古形となる。
平安時代、「さぶらひ」は貴人のそばに仕える男のことを言ったが、鎌倉時代以降、武士階級の勢力が強まり、武士一般を呼ぶようになり、室町時代に「さぶらひ」から「さむらひ」へ音が変化した。
1603年の『日葡辞書』には、尊敬すべき人という語釈がされており、侍は武士の中でも偉大な人物を評価する語となっていた。

【関連語】

戦・軍(いくさ) 大立者(おおだてもの) 家臣(かしん)
刀(かたな) 曲者(くせもの) くノ一(くのいち)
下僕(げぼく) 家来(けらい) 股肱(ここう)
三一(さんぴん) 僕・下部(しもべ) 城(しろ)
走狗(そうく) 殺陣(たて) 丁髷(ちょんまげ)
兵(つわもの) デカ・刑事(でか) 手下(てした)
秘書(ひしょ) 腹心(ふくしん) 武士(ぶし)
守る・護る(まもる) 用心棒(ようじんぼう) 浪人(ろうにん)

【関連リンク】

「侍」を含むことわざ・慣用句・故事成語・四字熟語の一覧

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス