さもしい

【意味】 さもしいとは、意地汚い。心がいやしい。あさましい。姿がみすぼらしい。

【さもしいの語源・由来】

さもしいは、漢語「沙門(さもん)」を形容詞化したとする説が有力とされている。
「沙門」はサンスクリット語で「僧侶」を意味する「sramana」を音写した語で、托鉢僧のみすぼらしい姿から、「沙門」を形容詞化し「さもしい」の語が生じたといわれる。
他に、「さまうし(様憂し)」の転や、「さまあし(様悪し)」といった説があり、さもしいがシク活用であることから、「さまあし(様悪し)」の転は十分に考えられる。

【関連語】

阿漕(あこぎ) あざとい 浅ましい(あさましい)
意地汚い(いじきたない) 意地悪(いじわる) 卑しい・賎しい(いやしい)
エゴイスト お手盛り(おてもり) がめつい
我利我利亡者(がりがりもうじゃ) 勘定高い(かんじょうだかい) 下種(げす)
ケチ しみったれ 守銭奴(しゅせんど)
吝い(しわい) せこい 托鉢(たくはつ)
貪婪(どんらん) 卑怯(ひきょう) 尾籠(びろう)
無様・不様(ぶざま) 見苦しい(みぐるしい) みすぼらしい
みっともない 醜い(みにくい) みみっちい
邪(よこしま) 吝嗇(りんしょく) 壟断(ろうだん)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス