サメ

【意味】 サメとは、軟骨魚綱板鰓類で、エイ目以外の総称。骨格は軟骨。口は頭部の下面に開く。尾は刀状。

【サメの語源・由来】

サメは、「狭目・狭眼(さめ)」の意味とする説が多い。
しかし、サメの目は体に比べて小さいとは言えるが、狭い(細い)とは言えない。
目の大きさを語源とするならば、1億分の1の単位を表し、非常に小さい粒を意味する「沙」で「沙目(さめ)」、もしくは「小目(さめ)」の方が良いであろう。
目の大きさに関係ないとすれば、「メ」は魚につける指称辞として用いられる語であり、古くはクジラが「イサナ(磯魚)」と呼ばれていたことから、「イサメ(磯魚)」の上略とも考えられる。
また、アイヌ語でも「サメ」は「サメ」「シャメ」と言い、アイヌ語が和語に入ることはあっても、和語からアイヌ語に入ることはないことから、アイヌ語説は有力視されている。
ただし、アイヌ語から和語になった動物は、もともと寒い地域に棲息するものが多く、広域に棲むサメがこれに該当するとは言い切れない。
『古事記』や『風土記』では「サメ」が「ワニ」と呼ばれており、古く「ワニ」は「サメ」をさす言葉であったことがわかる。
漢字は、体をくねらせることから、魚へんに「交」で「鮫」となった。

【関連語】

アイザメ・藍鮫(あいざめ) アオザメ・青鮫(あおざめ) アブラツノザメ・油角鮫
磯(いそ) ウバザメ・姥鮫(うばざめ) エイ・海鷂魚(えい)
尾(お) オナガザメ・尾長鮫 カグラザメ・神楽鮫
カスザメ・糟鮫(かすざめ) 刀(かたな) ギンザメ・銀鮫(ぎんざめ)
クジラ・鯨(くじら) 口(くち) コバンザメ・小判鮫
サカタザメ・坂田鮫(さかたざめ) 魚(さかな) 鮫肌(さめはだ)
シュモクザメ・撞木鮫 ジンベイザメ・甚平鮫 狭い(せまい)
小さい(ちいさい) チョウザメ・蝶鮫(ちょうざめ) ドチザメ・奴智鮫(どちざめ)
ナヌカザメ・七日鮫 ネコザメ・猫鮫(ねこざめ) ネズミザメ・鼠鮫(ねずみざめ)
ノコギリザメ・鋸鮫 フカ・鱶(ふか) フカヒレ・鱶鰭(ふかひれ)
ホオジロザメ・頬白鮫 ホシザメ・星鮫(ほしざめ) 細い(ほそい)
骨(ほね) 交わる(まじわる) ミツクリザメ・箕作鮫
目・眼(め) メジロザメ・目白鮫 ヨシキリザメ・葦切鮫
ワニ・鰐(わに)

【関連リンク】

「サメ」の雑学一覧

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス