サラリーマン

【意味】 サラリーマンとは、給料生活者。

【サラリーマンの語源・由来】

英語「salaried man」からの外来語で、「salary man(サラリーマン)」は和製英語といわれるが、「salary man」を使った例も見られる。
ただし、英語では具体的職業名で呼ぶことが多いため、ほとんど用いられない。
サラリーマンの「サラリー(salary)」は、古代ローマ時代に兵士与えられた「塩」を意味するラテン語「サラリウム(salarium)」に由来する。
当時は塩が貴重な物であったため、給料として支払われていた。
「salarium」はラテン語で「塩」を意味する「sal(サール)」に由来し、「sal」は「塩」を意味する英語「salt(ソルト)」の語源ともなっている。
サラリーマンという語が使われ始めたのは大正時代頃からで、ホワイトカラーと同意語のように用いられ、事務労働の給料生活者をさすことが多かった。

【関連語】

【関連リンク】

「サラリーマン」と「ビジネスマン」の違い
サラリーマンの意味・類語

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス