サラダ

【意味】 サラダとは、生野菜を主材料に、肉や魚介・卵などを加え、ドレッシングやマヨネーズであえた料理。サラド。

【サラダの語源・由来】

英語では「salad(サラド)」、フランス語では「salade(サラード)」、イタリア語で「insalata(インサラータ)」、ドイツ語では「Salat(ザラート)」と言う。
これら「サラダ」を表す語は、全て「塩」を意味するラテン語「sal」に由来し、フランス語や英語を例にすると、「塩漬けにする」という意味の「salata」がフランス南部のプロヴァンス語で「salada」となり、フランス語「salade」を経て英語「salad」となっている。
現在、ドレッシングなどで味付けするのが一般的であるが、古くは塩で味付けをしたものが「サラダ」で、遡ると薬用料理として野菜が使われており、塩漬けは野菜を長期保存する目的であったと考えられている。
日本では「サラダ」と発音することから、英語やフランス語経由ではなく、ポルトガル語の「salada」から入ったとするのが妥当であろう。
イギリスに留学した夏目漱石は、英語発音に近い「サラド」と呼んでいる。

【関連語】

アペタイザー 洗い(あらい) アンティパスト
オードブル お造り(おつくり) カナッペ
カルパッチョ キャベツ 草(くさ)
薬(くすり) 果物(くだもの) コールスロー
刺身(さしみ) 刺身のつま(さしみのつま) サラダ味(さらだあじ)
サラダ油(ゆ・あぶら) サラダ菜(さらだな) シーザーサラダ
塩(しお) ソルト タタキ
卵・玉子(たまご) タルタルステーキ ツナ
つまみ デザート てっさ・てっちり
ドレッシング 菜(な) 七草粥(ななくさがゆ)
生(なま) 膾・鱠(なます) 肉(にく)
饅(ぬた) 葉(は) パスタ
ハム 春雨(はるさめ) ピクルス
冷奴(ひややっこ) フルーツ ベジタブル
ボウル ポテト マカロニ
マヨネーズ マリネ ミモザサラダ
八百屋(やおや) ユッケ 料理(りょうり)
レタス

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス